患者さんからの質問と答え

高齢ですが手術適応はありますか?

トップページ » 患者さんからの質問と答え » 高齢ですが手術適応はありますか?

Kさん 

私の母(78歳)は両ひざの変形で近所の病院に通い筋力UPなどのリハビリを受けておりましたが、医師より「そろそろ手術かな」との診断を受け、昨日、別の大きな病院の整形外科に検査に行って来ました。当日お話し頂いた医師からは
 *高齢のため手術後3日は絶対安静のため寝たきりになる可能性がある
 *出血が1000CCもあるので年齢的に耐えられるか疑問
 *全員が歩けるようになるわけではなく中には逆に歩けなくなる人もいる
 *片足ずつの手術になるので片方手術したあとまた1年後にもう片方になるので1年間リハビリをしながらの生活で手術をしていないほうの足が悪化の可能性あり などなどから無理して手術は薦めない
というような話があったようです。

MIS人工ひざ関節の手術を受けることは
 *一般的に78歳では手術は難しいでしょうか?
 *両ひざ一度に手術することは不可能でしょうか?

質問の答え Answer

*一般的に78歳では手術は難しいでしょうか?

当院では、ひざの人工関節手術を受けられる方は、70歳以上がほとんどです。そのうち、80才以上の方が占める割合は、30%くらいだと思います。現実的には、かなり高齢な方が、今まで我慢してきたが、どうにもならなくなって、手術を希望したとき、かなりお年をめされているということがほとんどです。80歳以上であっても、大事なのはその方の、実際の肉体上の年齢です。70才でも寝たきりに近い方は手術の適応にはなりませんし、80才でも意欲があり、元気な方であれば、当院では手術を行なっています。ただし、当然高齢であればあるほど、年齢によるリスクは高くなりますから、その点はしっかり事前に了承が必要でしょう。


*両ひざ一度に手術することは不可能でしょうか?

実際に、両ひざ同時に行なう施設もありますが、どっちかといえば少数派です。当然手術時間も長くなりますし、出血も2倍になるわけです。また、リハビリするときも、どっちも手術しているのであれば、なにかと大変です。また、片方すれば、もう片方は楽になって、手術をしなくてもよくなる方もおられます。以上の理由から、当院では両ひざ同時はしておりません。