患者さんからの質問と答え

変形性関節症 音が気になる

トップページ » 患者さんからの質問と答え » 変形性関節症 音が気になる

Kさん 65歳 女性

両足臼蓋形成不全で左側が末期、右はまだ隙間があり痛みはありません。
痛み止めと杖を使いながらの生活で右側が大丈夫な内に人工関節の手術をと思っています。手術はMISをお願いしたいのですが、手術を安全に行うために必要な条件とはどの様なものなのでしょうか?

これまでも時々はあったのですが2ヶ月ぐらい前から股関節の痛みとは別に左足を動かしたり、歩く度に股関節周りでコツコツや軋む様な音がして気になります。音がする時、痛みは有りませんが何なのでしょうか、このまま放置しても問題は無いのでしょうか?

質問の答え Answer

いわゆるMISのなかで、狭い意味でのMISは、筋肉を切らずに、筋肉の間に入り込んで手術を行う性格上、関節の手術をする空間(working space)は、とても小さいものです。したがって、患者さんの体が大きすぎず、小さすぎないことや、股関節の形があまりにもずれていたり(高位脱臼)、太りすぎていないことなどの条件をクリアすることが必要です。

股関節の音がするとのことですが、音ともに痛みが出るのであれば、大変ですが、通常は軟骨がなくなって、骨と骨がすれてあたる音だと思います。ただ、音だけで痛みがないのであれば、それだけでは手術の対象にはならないと思います。