患者さんからの質問と答え

股関節の壊死の治療は?

トップページ » 患者さんからの質問と答え » 股関節の壊死の治療は?

Oさん

私の父(65歳)は半年ほど前から股関節の痛みを訴え始め、近くの総合病院で診ていただいていたのですが、痛みがひどくなるので他の病院で一度診察を受けさせました。

検査の結果、股関節が壊死しているとのことでした。特に手立てはなく、様子を見るしかないと言われ帰ってきました。この症状は人工股関節やMISで対応できるような症状ではないのでしょうか。
また父は自営業のため、長く仕事を休むことができません。何か手立てはありますでしょうか?

質問の答え Answer

大腿骨頭壊死で、原因として深く関与をいわれているのは、ステロイド剤の多量摂取や、飲酒などです。その他、外傷後に起こることもあります。
65才で、男性であれば、お酒の飲みすぎということは無いでしょうか?

いったん骨壊死になれば、免荷により多少進行を遅らせることはありますが、歩かないわけには行きませんので、いずれ骨頭が圧壊し、股関節そのものがやられてきます。こうなれば、手術(人工関節など)しか痛みをとる方法はありません。まったく特発性であれば、骨切り術で対応することもありますが、65才であれば、人工関節のほうが短期入院ですみ、成績もより安定していると思います。

ちなみに、特発性壊死であれば、国の難病指定になっているので、手続きを踏めば、医療費は無料になりますので、手術をしたとしても、経済的負担はほとんどありません。