股関節

股関節の病気と治療

トップページ » 股関節 » 股関節の病気と治療

股関節

股関節(こかんせつ)は寛骨臼(かんこつきゅう)と大腿骨頭(だいたいこっとう)よりなり、関節部分が球形の球関節で、荷重関節(体重などがかかる関節)です。関節は、骨の表面がとても滑らかで弾力のある軟骨でおおわれており、関節を動かしたり、体重がかかった時の衝撃をやわらげるクッションの役目をしています。

人工股関節を必要とする股関節の病気

1 変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)
股関節の軟骨がすり減ることで起こります。先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)の後遺症や、股関節が浅い臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)などが原因となることが多いですが、加齢による軟骨の減少が原因になることもあります。
症状としては、歩行時などに脚の付け根が痛み、股関節の動きが制限されるようになります。
痛みが強い場合には、人工関節置換術の対象となります。


2 大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)
大腿骨の骨頭部分の血流が悪くなり、骨の細胞が死んでしまう(壊死)病気です。他の病気の治療で、ステロイドを大量に服用されている方や、飲酒量が多い方の発生率が高くなりますが、発症の原因が不明なこともあります。
初期は痛みが軽度ですが、壊死が進行すると大腿骨の骨頭や股関節が変形し、痛みも強くなります。
痛みが強い場合には、人工関節置換術の対象となります。


3 関節リウマチ(かんせつりうまち)
発症原因が不明な病気で、関節が腫れ、痛み、こわばりを感じます。
初めは手の指や手関節などに症状が現れ、次第にひざや股関節を含む全身の関節に広がり、慢性化します。
股関節は、いったんおかされると進行が早く、痛みも強く、骨の破壊も進みます。股関節は日常動作で非常に力が加わるところですし、運動範囲も広いため、ここがおかされると、体全体の動きが不自由になり、寝たきりの原因になることもあります。